Top > COE Week! 3/7-3/11 京都・東京 > 次世代Xフォーラム

京都大学21世紀COEプログラム

次世代Xフォーラム
−コンテンツの創作・流通・共有の次のパラダイムを探る−

趣旨:

コンテンツの製作者、デバイス提供者、およびユーザ・消費者の立場から、従来のHD/DVDレコーダや携帯などで実現される可能性のある、新しい視聴スタイルや付加価値の高いサービスについて多様なゲストをお招きして論じます。
開催日: 2005年3月10日(木)
会場: 松下電器産業(株) 品川パナソニックビルホール(地図)
主催:
京都大学21世紀COEプログラム
松下電器産業(株)
独立行政法人 情報通信研究機構(NICT)
定員: 200名
参加費: 無料
参加申し込み: こちらから申し込みください

プログラム

セッション1:基調講演

10:00-11:00 次世代Xフォーラムとは:通信放送コンテンツの融合がもたらす新サービス
  田中克己 (京都大学情報学研究科教授)
11:00-12:00 u-Japanの産業インパクト
  村上輝康 ((株)野村総合研究所理事長)
 
12:00-13:30 ランチとデモンストレーション
  出展者(50音順):
NHK放送技術研究所
京都大学情報学研究科田中研究室
(独)情報通信研究機構(NICT)
松下電器産業(株)
(株)リコー

セッション2:「現状のサービス技術を語る」

13:30-15:30 モバイル&ユビキタスネットワークの特徴とコンテンツ
  村田嘉利 (NTTドコモ東海 新ビジネス推進部長)
  ユビキタスネット家電サービスの現状と将来課題
  青井孝敏 (松下電器産業(株) ネットワークシステム開発センター所長)
  TV4U 〜コミュニティ・内輪・個人放送を目指して〜
  林正樹 (NHK放送技術研究所)
  ユビキタス情報社会に向けた次世代型コンテンツサービス
  木俵豊 ((独)情報通信研究機構主任研究員)

セッション3:パネル放談:コンテンツの未来

16:00-18:15 コーディネータ:林正樹 (NHK放送技術研究所)
  パネリスト:灘本明代((独)情報通信研究機構)、浜田玲子(東京大学)、橋本隆子((株)リコー)、小川理子(松下電器産業(株))